格差をなくせば子どもの学力は伸びる : 驚きのフィンランド教育

福田誠治 著

学校間格差、所得格差、ナシ、それで学力世界一。"平等"と"個性伸張"の二つを追ったフィンランド教育。その授業のありさまは、われわれ日本人の常識を超えている。果敢で、自由闊達で、理念の高い教育から逆照射される日本の教育のあるべき姿とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「格差がないこと」と「個性化」は矛盾しない-はじめに
  • 第1章 「平等」と「個性」を両立させるフィンランド教育(フィンランドの教育制度
  • フィンランドの子どもたちの学び ほか)
  • 第2章 学力差のある子を教える柔軟な方法-ストロンベリ小学校(「ゆとり」を生む複式学級-フースカ先生の授業風景
  • 豊かな支援策と学年制の微妙なバランス-ハマライネン先生の授業風景 ほか)
  • 第3章 地域になくてはならない学校-プーリ小学校(できる子は放っておいても大丈夫-トルッケル先生の授業風景
  • 「数学を学ぶ子ども」を支援するのが数学教師-ロホヤ市の教育方針)
  • 第4章 忍耐強く待つ授業-ペルス中学校(「自分のために学びなさい」-サルミネン先生の授業風景
  • 身近な問題からアプローチ-ムーリン先生の授業風景 ほか)
  • 第5章 フィンランドという鏡に映る日本の教育(構成主義的な教育観と戦後新教育
  • 新教育と『山びこ学校』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 格差をなくせば子どもの学力は伸びる : 驚きのフィンランド教育
著作者等 福田 誠治
書名ヨミ カクサ オ ナクセバ コドモ ノ ガクリョク ワ ノビル : オドロキ ノ フィンランド キョウイク
出版元 亜紀書房
刊行年月 2007.7
ページ数 273p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7505-0710-1
NCID BA82461712
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21353235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想