論文の書き方

小笠原喜康 著

「卒論」「修論」「レポート」「投稿論文」、論文指導の第一人者最新の書下ろし論文論。付録・締め切り直前で役立つ「瀬戸際テクニック」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「七転八倒」-書くべきものを見つけだす
  • 2 「和をもって貴しとなす」-主張をつくる
  • 3 「風が吹けば桶屋がもうかる」-論理的文章の書き方なんて
  • 4 わかりやすさをつくる-読み手への心配り
  • 5 論文三段論法-「はしょる、ごまかす、切り上げる」
  • 6 中身よりみた目-わかりやすさをつくりだすレイアウトと表記法
  • 7 実感的「わかる文章三原則」-「よい文章」より「わかる文章」の基本則
  • 8 私の論文論-あいまいさを求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論文の書き方
著作者等 小笠原 喜康
書名ヨミ ロンブン ノ カキカタ : ワカリヤスイ ブンショウ ノ タメニ
書名別名 わかりやすい文章のために

Ronbun no kakikata
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2007.7
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-478-00139-4
NCID BA82458558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21264116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想