「水俣」の言説と表象

小林直毅 編

なぜ初期「水俣病」は、地元では報道されながら全国報道で扱われなかったのか。活字及び映像メディアの中で描かれ/見られた「水俣」を検証し、「水俣」を封殺した近代日本の支配的言説の問題性を問う。従来のメディア研究の"盲点"に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説「水俣」の言説的構築
  • 1 「水俣」をめぐるポリティクスとイデオロギー(不知火海漁業紛争の中の「社会不安」言説
  • 経済政策のイデオロギーと「水俣」の言説
  • 「全国報道」における水俣病事件の表象)
  • 2 「水俣」の漁民・労働者・市民(「水俣漁民」をめぐるメディア表象
  • 「チッソ安定賃金闘争」をめぐるメディア言説
  • 水俣病をめぐる「市民」の思想と心情)
  • 3 「水俣」の映像表象(ニュース報道における「水俣」の表象
  • 新聞写真が描く初期水俣病事件
  • テレビドキュメンタリーと「水俣の経験」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「水俣」の言説と表象
著作者等 伊藤 守
別府 三奈子
大石 裕
小林 直毅
小林 義寛
山口 仁
山腰 修三
烏谷 昌幸
藤田 真文
書名ヨミ ミナマタ ノ ゲンセツ ト ヒョウショウ
出版元 藤原書店
刊行年月 2007.6
ページ数 377p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89434-577-5
NCID BA82451989
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21261828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想