占領期 : 首相たちの新日本

五百旗頭真 著

敗戦二日後に誕生した東久邇内閣を皮切りとして、七年後の占領統治の終焉までに、幣原、吉田、片山、芦田、再び吉田と五人の首相、六代の内閣が生まれた。眼前には、非軍事化、民主化、食糧難、新憲法制定等、難問が山積する。占領という未曾有の難局、苛烈をきわめるGHQの指令のもとで、日本再生の重責を担った歴代首相たちの事績と人間像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 占領統治の受容-東久邇宮・皇族内閣
  • 第2章 二人の君主-マッカーサーと天皇
  • 第3章 平和国家への転生-「幣原外交」の成就
  • 第4章 「よき敗者」-第一次吉田内閣
  • 第5章 民主化改革の担い手-片山哲の革保連立政権
  • 第6章 「中道」の火を消すな-芦田均の革保連立政権
  • 第7章 保守政治による再生-吉田茂の季節

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 占領期 : 首相たちの新日本
著作者等 五百旗頭 真
書名ヨミ センリョウキ : シュショウタチ ノ シンニホン
書名別名 Senryoki
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2007.7
ページ数 473p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159825-6
NCID BA82432099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21270268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想