哲学の歴史  第7巻(18-19世紀)

内山勝利, 小林道夫, 中川純男, 松永澄夫 編

理性の力でどこまで行けるか。西洋哲学の全体像を描き出す日本初のシリーズ、第4弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カントとドイツ観念論
  • ヴォルフとドイツ啓蒙主義の暁
  • カント
  • ハーマン
  • ヤコービ/ヘルダー
  • ラインホルト/シュルツェ
  • フィヒテ
  • ヘーゲル
  • ドイツ自然哲学
  • シェリング
  • シュライエルマハー
  • ドイツ・ロマン主義
  • ヘルダーリン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学の歴史
著作者等 中川 純男
内山 勝利
加藤 尚武
小林 道夫
書名ヨミ テツガク ノ レキシ
書名別名 理性の劇場 : カントとドイツ観念論

Histoire de la philosophie
巻冊次 第7巻(18-19世紀)
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.7
ページ数 718p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-403524-7
NCID BA82431347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21291300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想