個別化していく教育

OECD教育研究革新センター 編著 ; 岩崎久美子 訳

学校で教える知識や学校組織がすべての者に合う「フリーサイズ(one‐size‐fits‐all)」のものと考えるアプローチは、個人のニーズや知識社会全体にはうまく適合しないという認識が高まっている。本書では、「個別化」した教育や公共サービスの集団的な提供の可能性が、現在の画一性を打開する方途として広範に叙述されている。個別化の方向へ漸次移行していくことの重要性は、第一線の専門家であるデイヴィド・ホプキンス教授によって、本書の序章で述べられている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 個別化学習における選択と発言
  • 第2章 個別化学習とは-学習の潜在性を伸ばすための新しい知見
  • 第3章 脳科学研究とライフサイクルにおける学習
  • 第4章 個別化学習と児童期・青年期の変化する概念
  • 第5章 個別化学習のための政策展開
  • 第6章 2025年には個別化学習はどうなるか
  • 第7章 公共サービスの将来-個別化学習
  • 第8章 個別化-問題の正確な把握のために
  • 資料:個別化に関連するOECD/CERIプログラム 形成的評価-中等教育における学習向上をめざして
  • 「個別化していく教育」は未来のシナリオか-訳者あとがき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 個別化していく教育
著作者等 Centre for Educational Research and Innovation
Organisation for Economic Co-operation and Development
岩崎 久美子
経済協力開発機構教育研究革新センター
CERI
教育研究革新センター
OECD教育研究革新センター
書名ヨミ コベツカシテイク キョウイク
書名別名 Personalising education
シリーズ名 OECD未来の教育改革 2
出版元 明石書店
刊行年月 2007.7
ページ数 227p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-2586-6
NCID BA82424760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21268466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想