故郷の親が老いたとき : 46の遠距離介護ストーリー

太田差惠子 著

パオッコの太田差惠子だからこそまとめることができた、豊富な遠距離介護の体験談。そこから浮かび上がってくるのは、ふつうの人々の親への思い、生き様である。「遠距離介護はタイヘン」という一側面だけでない、等身大の遠距離介護ストーリー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 時間のこと(遠距離介護と自分の暮らし
  • 遠距離介護と自分の代わり)
  • 2 お金のこと(遠距離介護と帰省費用
  • 遠距離介護と親のお金)
  • 3 健康のこと(遠距離介護と自分の健康
  • 遠距離介護と残した家族)
  • 4 人間関係のこと(遠距離介護と親の価値観
  • 遠距離介護ときょうだいの存在
  • 遠距離介護と夫婦の感情)
  • 5 介護のこと(遠距離介護と親の日常
  • 遠距離介護といわゆる「介護」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 故郷の親が老いたとき : 46の遠距離介護ストーリー
著作者等 太田 差惠子
書名ヨミ コキョウ ノ オヤ ガ オイタ トキ : 46 ノ エンキョリ カイゴ ストーリー
書名別名 Kokyo no oya ga oita toki
出版元 中央法規
刊行年月 2007.6
ページ数 176p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8058-2884-7
NCID BA82412717
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21255407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想