ヒトは食べられて進化した

ドナ・ハート, ロバート・W.サスマン 著 ; 伊藤伸子 訳

トラ、ライオン、ヒョウ、ピューマ、クマ、オオカミ、ハイエナ、ヘビ、ワニ、ワシ…人類の祖先は数々の肉食動物に捕食されていた脆弱な生き物だった。多くの人がもち続ける「人類=狩猟者」のイメージを徹底的に打ち破り、新たな初期人類像を描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ありふれた献立の一つ
  • 第2章 「狩るヒト」の正体を暴く
  • 第3章 誰が誰を食べているのか
  • 第4章 ライオンにトラにクマ、なんてことだ!
  • 第5章 狩りをするハイエナに腹をすかせたイヌ
  • 第6章 ヘビにのみ込まれたときの心得
  • 第7章 空からの恐怖
  • 第8章 私たちは食べられるのをぼうっと待っているだけではなかった
  • 第9章 気高い未開人か、血に飢えた野獣か
  • 第10章 狩られるヒト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトは食べられて進化した
著作者等 Hart, Donna
Sussman, Robert W
Sussman, Robert W.
伊藤 伸子
サスマン ロバート・W.
ハート ドナ
書名ヨミ ヒト ワ タベラレテ シンカシタ
書名別名 Man the hunted
出版元 化学同人
刊行年月 2007.7
ページ数 356p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7598-1082-0
NCID BA82412375
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21364883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想