逆説の日本史  14(近世爛熟編) (文治政治と忠臣蔵の謎)

井沢元彦 著

「忠臣蔵」はデタラメだらけだ。その虚構と真実を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 武断政治から文治政治への展開2-忠臣蔵、その虚構と真実編(われわれ日本人は歴史を改訂した「忠臣蔵」の物語に洗脳されている
  • 江戸時代の人形浄瑠璃『仮名手本忠臣蔵』には隠されたたくさんの「暗号」がある ほか)
  • 第2章 武断政治から文治政治への展開3-将軍と側用人システム編(綱吉が「低身長症」であったことをなぜ当時の人は一人も記していないのか?
  • 「綱吉暗君説」を生んだ"エスタブリッシュメント老中"の側用人への嫉妬 ほか)
  • 第3章 武断政治から文治政治への展開4-大坂・江戸 大商人の世界編(清酒の大量生産で大儲けした鴻池が江戸時代に見た"平和"という"商機"
  • 幕府はなぜ一国二通貨という不合理な制度を改め通貨を統一しなかったのか ほか)
  • 第4章 江戸時代の東アジア外交1-明と日本編(朝鮮との貿易復活を急いだ家康が利用した「秀吉の失敗」と中原情勢
  • 本来あり得ない「日本国王」の称号を使った家康に朝鮮が返書を送った真相 ほか)
  • 第5章 江戸時代の東アジア外交2-琉球王国と日本編(明の傘下で安全を保障されていた琉球王国に始めて襲来した「秀吉」という危機
  • 明との国交回復を実現するために幕府が琉球王国に持ち出した「聘礼問題」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逆説の日本史
著作者等 井沢 元彦
書名ヨミ ギャクセツ ノ ニホンシ
書名別名 文治政治と忠臣蔵の謎
巻冊次 14(近世爛熟編) (文治政治と忠臣蔵の謎)
出版元 小学館
刊行年月 2007.7
ページ数 443p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-09-379684-2
NCID BA82406215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21263673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想