将軍と大奥 : 江戸城の「事件と暮らし」

山本博文 著

本書は、将軍や御台所の暮らし、江戸城の構造と城内で起こった事件、江戸城で働く諸役人の仕事や日常の勤務を紹介していく。現代からは想像できない慣習がある一方で、現代と似たような幕府役人たちの生態もある。江戸城への小さな旅を楽しんでいただきたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 将軍が暮らした「中奥」(将軍の日常生活
  • 江戸城「中奥」を形成する部屋
  • 将軍の周囲にいる者たち
  • 将軍の遊び)
  • 第2章 大奥の世界(将軍と御台様
  • 御台様らの住居と御年寄詰所
  • 大奥女中の役職と昇進
  • 大奥の慣行)
  • 第3章 江戸城における儀式(江戸城と諸大名
  • ケンペルの江戸城体験
  • 江戸城内の刃傷事件)
  • 第4章 江戸城で働く諸役人(老中を中心とした幕府の政策決定
  • 老中への昇進コース
  • 旗本の就く諸役とライフコース
  • 苦労が多い宮仕え)
  • 第5章 江戸城と江戸の町(浅草米蔵の札差
  • 町奉行と江戸の町人)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 将軍と大奥 : 江戸城の「事件と暮らし」
著作者等 山本 博文
書名ヨミ ショウグン ト オオオク : エドジョウ ノ ジケン ト クラシ
書名別名 Shogun to oooku
出版元 小学館
刊行年月 2007.7
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-09-626605-2
NCID BA82393598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21262824
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想