南仏プロヴァンスの昼さがり

ピーター・メイル 著 ; 池央耿 訳

帰ってきて、本当によかった!プロヴァンスは今も美しく、平穏と静寂がここにはある。人々は季節の移り代わりに順応してのんびり暮している-世界的なベストセラーとなり、日本でも大ブームを生んだ「12か月」「木陰」に続く、安らぎと喜びにあふれたエッセイ3部作の完結編、ついに文庫化。「夏の午後の過ごし方」や「オリーヴオイルのすべて」等、やっぱりプロヴァンスが一番。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 帰ってきてよかった
  • 迷宮入りした美男肉屋殺し
  • 『ニューヨーク・タイムズ』グルメ記者、驚異の発見
  • 理想の村
  • それでもプロヴァンスが好きなわけ
  • マルセイユ入門
  • 鼻の学校
  • 究極の栓抜き
  • 夏の午後の過ごし方
  • フォアグラ二千年の遺伝的効果
  • オリーヴオイルのすべて
  • カルパントラのトリュフ市
  • 園芸家と黒トマト
  • 後記-プロヴァンスは変らない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南仏プロヴァンスの昼さがり
著作者等 Mayle, Peter
池 央耿
メイル ピーター
書名ヨミ ナンフツ プロヴァンス ノ ヒルサガリ
書名別名 南仏プロヴァンスの昼下がり

Encore Provence

Nanfutsu purovansu no hirusagari
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 2007.5
ページ数 334p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-46289-9
NCID BA82385920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21226407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想