治療島

セバスチャン・フィツェック 著 ; 赤根洋子 訳

目撃者も、手がかりも、そして死体もない。著名な精神科医ヴィクトルの愛娘ヨゼフィーネ(ヨーズィ)が、目の前から姿を消した。死に物狂いで捜索するヴィクトル、しかし娘の行方はようとして知れなかった。4年後、小さな島の別荘に引きこもっていた彼のもとへ、アンナと名乗る謎の女性が訪ねてくる。自らを統合失調症だと言い、治療を求めて妄想を語り始めるアンナ。それは、娘によく似た少女が、親の前から姿を隠す物語だった。話の誘惑に抗し難く、吹き荒れる嵐の中で奇妙な"治療"を開始するヴィクトル、すると失踪の思いもよらぬ真実が…2006年ドイツで発売なるや、たちまち大ベストセラーとなった、スピード感あふれるネオ・サイコスリラー登場。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 治療島
著作者等 Fitzek, Sebastian
赤根 洋子
フィツェック セバスチャン
書名ヨミ チリョウトウ
書名別名 Die Therapie
出版元 柏書房
刊行年月 2007.7
ページ数 366p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7601-3167-9
NCID BA82358203
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21264855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想