修理 : 仏像からパイプオルガンまで

足立紀尚 著

使い捨ての時代が長く続いているが、物を直して使うというかつての日本の精神と技術は、いまでもきっちりと受け継がれている。書籍、眼鏡、靴等の実用品から古文書、茅葺き屋根、赤レンガ建築等の文化財にいたるまでの三十を越える日本各地の修理現場を徹底取材。修理店等の連絡先付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 実用品-大事に使えばちゃんと壊れる(書籍-修理中は耐火用金庫で保管される
  • 眼鏡-常時一五〇〇ものフレームを管理する ほか)
  • 第2章 伝統の技-時間を超えて生きている(刀剣の研ぎ直し-実戦による刀傷はそのままにしておく
  • 桐箪笥-一〇〇年前のものでも削り直せば真っ白に ほか)
  • 第3章 みんなが使う大きなもの-安全のために快適のために(神社-国宝、そして世界遺産を後世に残す仕事
  • 赤レンガ建築-建て直すよりも高くつく文化遺産の修理 ほか)
  • 第4章 レアモノと愛用品-この世にひとつの大切なもの(ライター-掌の炎、修理一筋に三〇年の人生
  • カメラ-国産メーカーの修理と「レストア・モデル」の生産 ほか)
  • 第5章 変わったモノ-こんなふうに再生します(競輪用フレーム-上を目指す若手選手には頼もしい味方
  • リサイクル自転車-問題のないパーツも分解、清掃する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 修理 : 仏像からパイプオルガンまで
著作者等 足立 紀尚
書名ヨミ シュウリ : ブツゾウ カラ パイプ オルガン マデ
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.6
ページ数 276p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-204874-4
NCID BA82353593
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21277174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想