ニュー・エコノミーの研究 : 21世紀型経済成長とは何か

ロベール・ボワイエ 著 ; 井上泰夫 監訳 ; 中原隆幸, 新井美佐子 訳

「規制緩和・IT・金融がインフレなき成長をもたらす」として90年代後半に急騰した米国株価と2000年3月のバブル崩壊-にもかかわらず、いまだ我が国の漠然とした"改革モデル"たるニュー・エコノミー神話。ニュー・エコノミーの実態を徹底分析し、肥大化する金融が本質的に抱える合理的誤謬(バブルの必然性)と情報通信革命が経済に対して持つ真の意味を解明する快著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ニュー・エコノミー研究の意義
  • 第1章 ニュー・エコノミーという問題-一九九〇年代の米国経済と経済理論
  • 第2章 ニュー・エコノミーのミクロ分析-市場の不安定性と組織の多様性
  • 第3章 ニュー・エコノミーのマクロ分析-情報通信技術のみで説明できない経済成長
  • 第4章 ニュー・エコノミーの系譜-危機脱出のための米国経済政策と経済理論
  • 第5章 ニュー・エコノミーの国際比較-米国モデルは唯一のモデルではない
  • 第6章 ニュー・エコノミーの崩壊-IT神話と金融バブル
  • 第7章 ニュー・エコノミーとは何だったのか-技術と経済の歴史分析
  • 第8章 21世紀の経済成長はいかにあり得るか-人間主導型成長モデル
  • 結論 長く続く未来
  • インタビュー 経済成長と社会連帯の両立-北欧モデルと日本モデル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニュー・エコノミーの研究 : 21世紀型経済成長とは何か
著作者等 Boyer, Robert
中原 隆幸
井上 泰夫
新井 美佐子
ボワイエ ロベール
書名ヨミ ニュー エコノミー ノ ケンキュウ : 21セイキガタ ケイザイ セイチョウ トワ ナニカ
書名別名 La croissance,debut de siecle
出版元 藤原書店
刊行年月 2007.6
ページ数 344p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89434-580-5
NCID BA82343829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21258471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想