朝廷をとりまく人びと

高埜利彦 編

江戸幕府の統制下にあった朝廷の周縁に生きた人びととは。地下官人、堂上公家の部屋住、摂家の家司、文化・芸術・学問を担った門跡出入りの人びと、朝廷内の旗本・大工など、朝廷をとりまく多様な身分の実態に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 公家鑑にみる朝廷の人びと
  • 地下官人
  • 堂上公家の部屋住
  • 摂家の家司たち
  • 門跡に出入りの人びと
  • 禁裏付武家-朝廷内の旗本
  • 禁裏大工
  • 朝廷をとりまく人びと-江戸幕府の統制の下で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朝廷をとりまく人びと
著作者等 高埜 利彦
書名ヨミ チョウテイ オ トリマク ヒトビト
書名別名 Chotei o torimaku hitobito
シリーズ名 身分的周縁と近世社会 8
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.7
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06564-1
NCID BA82342575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21256185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想