トマス・ペイン : 国際派革命知識人の生涯

マーク・フィルプ 著 ; 田中浩, 梅田百合香 訳

「いまこそ人間の魂が試されるときである。」英米仏と国を超えて、自由と独立の精神、民主主義と共和制の必要を説いたトマス・ペイン(1737‐1809)。アメリカ独立、フランス革命へと人々を立ち上がらせた、その人間像と思想のエッセンス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生涯と人物(旧世界における忘れ去りたい過去-一七三七年‐一七七四年
  • アメリカとペイン-一七七四年‐一七八七年
  • ヨーロッパとペイン
  • 新しいアメリカ
  • その人物像について)
  • 第2章 アメリカ(旧体制
  • 新しい共和国
  • 自由と公共善
  • コモン・センス
  • 商業、冨および財産
  • 理性の力)
  • 第3章 ヨーロッパ(『人間の権利』第一部
  • 諸原理
  • 主張の威力
  • 市民権への招待
  • 『人間の権利』第二部
  • 代議制民主主義
  • 革命の大儀
  • 革命的暴力
  • 人民の福祉)
  • 第4章 神の王国(信仰の根拠
  • 真の啓示
  • 続『理性の時代』について
  • 理神論と道徳)
  • 第5章 結論(自然権の根拠
  • 人間像について
  • 貢献度)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トマス・ペイン : 国際派革命知識人の生涯
著作者等 Philp, Mark
梅田 百合香
田中 浩
フィルプ マーク
書名ヨミ トマス ペイン : コクサイハ カクメイ チシキジン ノ ショウガイ
書名別名 Paine

Tomasu pein
出版元 未來社
刊行年月 2007.7
ページ数 237, 3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-624-11197-7
NCID BA82340150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21273275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想