一島英治 著

日本酒、醤油、味噌など、日本人の味覚をリードしてきた麹のルーツを辿り、日本の気候風土の中で稲作と共に育まれた麹菌のすぐれたはたらきの秘密をさぐる。醸造化学に携わった人々の足跡を追って、日本文化へのはかり知れない影響を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 麹菌を育んだ日本(日本人の起源
  • 稲作の起源-麹菌と相性の良い植物
  • 古代社会と酒
  • 中・近世の人と酒
  • 昔からの調味料のながれ)
  • 第2部 麹菌の科学技術と産業(近代化学を創出した三人の日本人化学者
  • 安全な麹菌と発がん性アフラトキシンをつくるカビ
  • 麹菌の生物学
  • 麹菌醸造産業の思想
  • 日本酒(清酒)の縊路打開-分子育種によるムレ香除去
  • 博物学へのすすめ-新奇マンノシダーゼの展開
  • 麹菌の新展開に向けて-生体物質からの発電への夢)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 一島 英治
書名ヨミ コウジ
書名別名 Koji
シリーズ名 ものと人間の文化史 138
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2007.7
ページ数 218, 11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21381-6
NCID BA82332979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21318313
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想