感覚と運動の高次化からみた子ども理解

宇佐川浩 著

発達につまずきを示す子どもを捉える眼として、感覚と運動の高次化という発達臨床的視点を基軸に据えて検討している。子どもたちが示す行動の発達的意味を問いつつ、つまずいている発達要因間の絡みや、その発達プロセス、感覚と運動の高次化発達水準について、事例や写真等を多用し解説している。臨床アセスメントの重要性とともに、検査法を超えた幅広い理解の仕方についても、事例を提示しつつ論及している。10年間かけて開発してきた、感覚と運動の高次化発達診断評価法の完成版も紹介されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 子どもを捉える眼(子どもを理解する難しさ-支援の前提となる理解はどうあるべきか
  • つまずきやすい行動とその発達的意味
  • 発達臨床的視点とは何か
  • 発達臨床的アセスメントと支援のプロセス-臨床仮説と臨床方略を立てる道筋
  • つまずきを捉えるための臨床法を考える
  • 感覚と運動の高次化理論の発展過程
  • 感覚と運動の高次化 第1層-初期の感覚と運動の世界
  • 感覚と運動の高次化 第2層-近くの世界
  • 感覚と運動の高次化 第3層-象徴化の世界
  • 感覚と運動の高次化 第4層-概念化の世界
  • 感覚と運動の高次化からみたつまずきの理解-障害の分類カテゴリー再考)
  • 第2部 感覚と運動の高次化発達診断評価法(感覚と運動の高次化発達診断評価法の概要
  • 感覚と運動の高次化発達水準からみた領域別の評価)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感覚と運動の高次化からみた子ども理解
著作者等 宇佐川 浩
書名ヨミ カンカク ト ウンドウ ノ コウジカ カラ ミタ コドモ リカイ
シリーズ名 障害児の発達臨床 1
出版元 学苑社
刊行年月 2007.6
ページ数 231p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7614-0704-9
NCID BA82319879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21252359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想