制度と組織 : 理論・歴史・現状

柴田徳太郎 編

アメリカの金融制度と景気循環の関連および労使関係の歴史分析を中心に、「資本主義と制度の共進化」仮説を提示しつつ、制度経済学の理論と方法を具体的に展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 制度と組織の理論と方法(資本主義と制度の共進化
  • 制度経済学の新展開-企業組織の分析に向けて)
  • 第2章 金融制度の歴史分析(サフォーク・システムと1837・39年恐慌-一商業銀行による「最後の貸し手」機能の内生的展開
  • アメリカにおける1907年恐慌-制度論的景気循環分析の試み
  • FDICのオープン・バンク・アシスタンス(OBA)と最後の貸し手-FRSとFDICの大銀行破綻への対応)
  • 第3部 労使関係と労務管理の歴史と現状(ドイツ管理層職員による利益代表の展開
  • パッケージ・ソフトウェア開発企業の開発管理-K3社における計画の立案とその遂行)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 制度と組織 : 理論・歴史・現状
著作者等 中川 淳平
古谷 眞介
大森 拓磨
平野 裕三
柴田 徳太郎
石塚 史樹
阪上 亮太
書名ヨミ セイド ト ソシキ : リロン レキシ ゲンジョウ
出版元 桜井書店
刊行年月 2007.6
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-921190-42-2
NCID BA82315517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21260364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想