コミュニティ心理学ハンドブック

日本コミュニティ心理学会 編

理論・研究法・介入技法から、コミュニティ心理学者の役割まで、家庭、地域、教育、産業、医療など、さまざまな領域に展開する日本のコミュニティ心理学の理論と実践を網羅する1冊。より効果ある実践のための"コラボレーション"のてびき。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 コミュニティ心理学の歴史と動向
  • 2章 コミュニティ心理学の基本概念
  • 3章 介入戦略と方法
  • 4章 コミュニティと社会システム
  • 5章 コミュニティ心理学の研究法
  • 6章 コミュニティ心理学者の役割
  • 7章 コミュニティ心理学の実践的展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コミュニティ心理学ハンドブック
著作者等 日本コミュニティ心理学会
書名ヨミ コミュニティ シンリガク ハンドブック
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2007.6
ページ数 811p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-13-016111-4
NCID BA82301603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21277775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想