江戸の妖怪事件簿

田中聡 著

江戸の幕が閉じて、たかだか一四〇年にしかならない。ところが、かつてのこの国には津々浦々、町にも村にも、いや野にも山にも水の中にも妖しきものどもが出没していた。それを嘲笑する者ももちろんいたが、そのような態度は少数派であった。人々は妖しき話を歓び、また恐怖した。そして現代からみれば滑稽なほど、さまざまな化物譚を熱心に書き残した。しかしこうした文書には、あながち一笑に付すことのできない、今の我われ日本人の心をも騒がせる不思議の魅力が満ち満ちている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 江戸時代は、妖怪でいっぱい!
  • 2章 本木村化物騒動
  • 3章 ゴシップとしての怪談
  • 4章 狐の裁判
  • 5章 妖怪のいる自然学
  • 6章 アメリカから来た狐

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の妖怪事件簿
著作者等 田中 聡
書名ヨミ エド ノ ヨウカイ ジケンボ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2007.6
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720398-1
NCID BA82239419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21253013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想