政党が操る選挙報道

鈴木哲夫 著

二〇〇五年の衆院選は、「コミュニケーション戦略(コミ戦)」が試みられた、史上初の選挙となった。キーパーソンは、NTT出身の自民党議員・世耕弘成。民間企業の広報PRを政治の場に応用すべく結成された「チーム世耕」は、徹底した危機管理と情報操作で、ついには自民党を大勝利に導く。二大政党の一翼とされる民主党もコミ戦に着手している今、私たちはどのように政治報道に向き合えば良いのか?本書は、四半世紀もの間テレビメディアの世界で生きてきた著者が、政党によるメディア・コントロールの手法を具体的かつ詳細に暴いた、選挙前の必読書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本政治に初めて本格的"コミ戦"誕生!-歴史的転換点二〇〇五総選挙(自民党大勝の陰で進められたコミ戦全貌
  • コミ戦の仕掛け人 ほか)
  • 第2章 コミ戦の起点は政治改革とともに-テレビが飲み込まれていった"失われた一〇年"(起点は一九九三年!政治がテレビを利用し始めた…
  • スキャンダルは格好のテレビネタ ほか)
  • 第3章 コミ戦は日本の政治に根づくか-自民党vs民主党のコミ戦バトル(意外にも先行していた民主党コミ戦
  • コミ戦は、先に争点を作ること… ほか)
  • 第4章 テレビメディア敗戦-政治や選挙報道とどう向き合うか(小泉最後のコミ戦
  • "言わない"ことで引きつける ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政党が操る選挙報道
著作者等 鈴木 哲夫
書名ヨミ セイトウ ガ アヤツル センキョ ホウドウ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2007.6
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720397-4
NCID BA8223918X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21253006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想