里山学のすすめ : 〈文化としての自然〉再生にむけて

丸山徳次, 宮浦富保 編

[目次]

  • 序 今なぜ「里山学」か
  • 1 里山のいま、むかし(里山の民族生物学
  • 森と人の関わり-滋賀の里山
  • 里山が生んだ日本の植物文化-江戸の人びとの暮らしのなかに生きた自然)
  • 2 里山と人の関わり(里山の環境倫理-環境倫理学の新展開
  • 日本語にみる自然観
  • 縄文人の里山利用との接点-奈良県奥吉野のアク抜き技術から
  • 近代化と河川環境の変貌-長良川河口堰問題から「里山」を考える
  • 中国雲南省・少数民族の山の利用-ハニ族の信仰と山の利用を中心として
  • 里山所有の過去・現在・未来)
  • 3 里山の生きものたち(水辺環境と里山-身近な生きものと自然文化の盛衰
  • クモからみた里山
  • サルからみた里山)
  • 4 里山の保全と地域共生(山を持つことの苦と愉しみ-大分県山国町における経験から
  • 里山保全のための道具類
  • パートナーシップによる里山づくり)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 里山学のすすめ : 〈文化としての自然〉再生にむけて
著作者等 三阪 佳弘
丸山 徳次
吉田 真
増田 啓子
大西 政章
好広 真一
宮浦 富保
岡崎 晋明
川戸 修一
横田 岳人
江南 和幸
田中 滋
相良 直彦
糸井 通浩
遊磨 正秀
鈴木 滋
鈴木 龍也
阪本 寧男
須川 恒
須藤 護
龍口 明生
龍谷大学里山学・地域共生学オープン・リサーチ・センター
書名ヨミ サトヤマガク ノ ススメ : ブンカ ト シテノ シゼン サイセイ ニ ムケテ
書名別名 Satoyamagaku no susume
出版元 昭和堂
刊行年月 2007.6
ページ数 379p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8122-0738-3
NCID BA82233569
BB02447445
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21259677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想