分権社会の地方財政

林宏昭 著

これからの分権社会を目指すうえで、地方財政の枠組みはどうあるべきか、地域はどのような責任を果たすべきか、新たな視点から、その方向性を明示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地方分権と三位一体改革
  • 第2章 地方財政をめぐる改革論議
  • 第3章 三位一体改革までの地方の行財政改革
  • 第4章 地方はどれだけ自立しているのか
  • 第5章 地方交付税に何が起きたか-基準財政需要額の拡大
  • 第6章 地方分権のケーススタディ-義務教育を考える
  • 第7章 地方交付税の改革-新しい財政調整
  • 第8章 地方分権と地域福祉
  • 第9章 地方債の発行と自治体の財政破綻
  • 第10章 道州制について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分権社会の地方財政
著作者等 林 宏昭
書名ヨミ ブンケン シャカイ ノ チホウ ザイセイ
書名別名 Bunken shakai no chiho zaisei
出版元 中央経済社
刊行年月 2007.6
ページ数 217p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-502-65890-7
NCID BA82228423
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21253203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想