田んぼが学校になった : つくろうあそぼうたべよう

佐伯剛正 著

日本中どこにでもある田んぼ(水田)は、みぢかな自然学校です。この本は、そんな田んぼに出かけて、親子で自然と遊び、学ぶためのテキストとしてお使いいただけるように、構成されています。田んぼでお米づくりやそのまわりの自然かんさつなどをしながら、自然の大切さを学んでいく"田んぼの自然学校"が舞台です。近くの田んぼをひとつ見つけて、季節ごとに出かけてみてください。きっと、新しい発見に出会うことができるはずです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 田んぼは身近な自然学校
  • 第2章 『田植え』の準備
  • 第3章 『田植え』の授業
  • 第4章 『草取り』の授業
  • 第5章 『収穫』の授業
  • 第6章 『田んぼの恵み』の授業
  • 第7章 冬も田んぼは生きている
  • 終章 田んぼが地球を救う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 田んぼが学校になった : つくろうあそぼうたべよう
著作者等 佐伯 剛正
書名ヨミ タンボ ガ ガッコウ ニ ナッタ : ツクロウ アソボウ タベヨウ
書名別名 Tanbo ga gakko ni natta
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.5
ページ数 194p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-023776-5
NCID BA82225185
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21251297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想