菊五郎の色気

長谷部浩 著

女方から男伊達まで、こぼれんばかりの「色気」で江戸の粋を立ちのぼらせる歌舞伎役者、尾上菊五郎。代々が育て上げてきた名跡「菊五郎」の芸を、七代目自身の言葉を交えて解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 菊五郎という名跡(七代目菊五郎 襲名への道筋
  • 七代目尾上梅幸 出生の秘密
  • 初代から六代目 芸の伝承)
  • 第2部 七代目菊五郎とその芸(若衆の風情-「菊畑」虎蔵、「車引」「賀の祝」桜丸
  • 変身する悪党-「弁天小僧」弁天小僧菊之助、「三人吉三」お嬢吉三
  • 男伊達の粋-「助六」助六、「直侍」直次郎と三千蔵、「御所五郎蔵」五郎蔵
  • 市井の人々-「魚屋宗五郎」宗五郎、「髪結新三」新三
  • 耐え忍ぶ女-「合邦」玉手御前、「先代萩」政岡
  • 踊り踊りて-「娘道成寺」白拍子花子、「鏡獅子」小姓弥生後に獅子の精、「吉野山」佐藤忠信実は源九郎狐
  • 復活狂言と新作-「NINAGAWA 十二夜」捨助、坊太夫
  • 忠臣蔵の決算-「忠臣蔵」判官、勘平)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 菊五郎の色気
著作者等 長谷部 浩
書名ヨミ キクゴロウ ノ イロケ
書名別名 Kikugoro no iroke
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2007.6
ページ数 278p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660574-3
NCID BA82212649
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21261953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想