選挙違反の歴史 : ウラからみた日本の100年

季武嘉也 著

買収や酒宴接待など、現在も絶えることのない選挙違反。候補者はいかに法律の網をかいくぐろうとし、国民はそれをどう受け止めてきたのか。様々な時代や地域の選挙違反の実態に映し出された、近代社会の歪みを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ウラからみた近代-プロローグ
  • 選挙の理想と現実
  • ムラの騒擾と団結-激動の明治中期
  • 名望家と公民と国民-日露戦後から昭和初期の政党化
  • 官僚たちの挑戦-選挙粛正と翼賛選挙
  • 「ぐるみ」選挙と保革対立-独立〜安保闘争
  • イメージ選挙と違反の減少-高度成長期から現在へ
  • 鏡としての選挙違反-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 選挙違反の歴史 : ウラからみた日本の100年
著作者等 季武 嘉也
書名ヨミ センキョ イハン ノ レキシ : ウラ カラ ミタ ニホン ノ 100ネン
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 235
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.7
ページ数 231p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05635-9
NCID BA82209939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21258116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想