ぼくには数字が風景に見える

ダニエル・タメット 著 ; 古屋美登里 訳

著者ダニエルは、数学と語学の天才青年です。それは、ダニエルが映画『レインマン』の主人公と同じサヴァン症候群で、数字は彼にとって言葉と同じものだから。複雑な長い数式も、さまざまな色や形や手ざわりの数字が広がる美しい風景に感じられ、一瞬にして答えが見えるのです。ダニエルは、人とのコミュニケーションにハンディをもつアスペルガー症候群でもあります。けれども、家族や仲間の愛情に包まれ、一歩ずつ自立していきます。本書は、そんなダニエルがみずからの「頭と心の中」を描いた、驚きに満ち、そして心打たれる手記です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 青い9と赤い言葉
  • 幼年時代
  • 稲妻に打たれて
  • 学校生活がはじまった
  • 仲間はずれ
  • 思春期をむかえて
  • リトアニア行きの航空券
  • 恋に落ちて
  • 語学の才能
  • πのとても大きな一片
  • 『レインマン』のキム・ピークに会う
  • アイスランド語を一週間で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくには数字が風景に見える
著作者等 Tammet, Daniel
古屋 美登里
タメット ダニエル
書名ヨミ ボク ニワ スウジ ガ フウケイ ニ ミエル
書名別名 Born on a blue day

Boku niwa suji ga fukei ni mieru
出版元 講談社
刊行年月 2007.6
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-213954-0
NCID BA82184259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21254464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想