静力学について : ガリレオ・ガリレイの『二つの新科学対話』

ガリレオ・ガリレイ 著 ; 加藤勉 訳

天秤または梃子の釣合い原理のみを用い、幾何学的手法によって梁の強度論を展開させたガリレイの材料力学。今日の構造力学へ通じるその先見性と確立された理論を、現代のことばで新たなる解釈を加え、再びよみがえらせる-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 まえがき(本書の目的
  • 時代背景
  • ガリレイの生涯
  • 『二つの新科学対話』の構成と翻訳文について)
  • 2 二つの新科学対話(第二日目)、静力学について
  • 3 あとがき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 静力学について : ガリレオ・ガリレイの『二つの新科学対話』
著作者等 Galilei, Galileo
加藤 勉
Galilei Domino Galileo
ガリレイ ガリレオ
書名ヨミ セイリキガク ニ ツイテ : ガリレオ ガリレイ ノ フタツ ノ シンカガク タイワ
書名別名 Discorsi e dimostrazioni matematiche
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2007.6
ページ数 103p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-306-03343-6
NCID BA82171450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21252947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想