狂気と権力

佐々木滋子 著

『狂気の歴史』の自己批判的再構成というべきフーコーの1973・74年度の講義『精神医学の権力』と『異常者たち』を、明快かつ平明に読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 "狂気"を何と呼ぶか(近代の"狂気"意識
  • "おまえは王ではない"-ジョージ三世とデュプレ氏
  • 規律的空間
  • "知っている者"としての医師-精神医学の"知"と狂気の"真実"
  • "身体が応えてくれる"-神経病理学とヒステリー患者
  • 新たな狂気意識を求めて-反精神医学
  • 精神医学の権力)
  • 第2部 何を"狂気"と呼ぶか("危険"の専門家
  • アンリエット・コルニエ事件-"本能"の発見
  • 意志と無意志的な行為-神経精神医学の成立
  • 二つの法律-司法・行政への精神医学の知‐権力の組み込み
  • 兵士ベルトラン事件-性と快楽
  • シャルル・ジュイ事件-"幼児性"というフィルター
  • 遺伝-"変質者"の誕生)
  • 付論 フーコーと精神分析(フーコーのfort/da-序に代えて
  • ランガージュと狂気
  • 権力と性
  • 言説空間としての精神分析)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 狂気と権力
著作者等 佐々木 滋子
書名ヨミ キョウキ ト ケンリョク : フーコー ノ セイシン イガク ヒハン
書名別名 フーコーの精神医学批判

Kyoki to kenryoku
出版元 水声社
刊行年月 2007.6
ページ数 280p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89176-624-5
NCID BA82169040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21251128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想