フィクションとしての歴史 : ウォルター・スコットの語りの技法

米本弘一 著

新しいジャンルとしての歴史小説を確立した「偉大なる匿名作家」ウォルター・スコットが読者に仕掛けたゲームとしてのフィクションの本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 スコットの小説の再評価
  • 第1章 新しいジャンルとしての歴史小説
  • 第2章 歴史小説の確立-『ウェイヴァリー』
  • 第3章 作者スコットのペルソナ
  • 第4章 一人称による語り-『ロブ・ロイ』
  • 第5章 有機体としての国家と女性の肉体-『ミドロジアンの心臓』
  • 第6章 運命の流砂-『ラマムアの花嫁』
  • 第7章 フィクションと歴史-『レッドゴーントレット』
  • 第8章 スコットの短篇小説の技法-『キャノンゲイトの物語』
  • 第9章 スコットの最後のペルソナ
  • 終章 結論として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィクションとしての歴史 : ウォルター・スコットの語りの技法
著作者等 米本 弘一
書名ヨミ フィクション ト シテノ レキシ : ウォルター スコット ノ カタリ ノ ギホウ
書名別名 Fikushon to shiteno rekishi
出版元 英宝社
刊行年月 2007.5
ページ数 302p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-269-72084-8
NCID BA82168897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21250538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想