森林からのニッポン再生

田中淳夫 著

江戸時代は禿山が多く、第二次大戦後の植林で緑化が進んだ。人工林は天然林より植物が多様で、生物相も豊富。このように、人工林が環境保護という面でも大きな役割を果たしていることは、意外と知られていない。だが、山村の過疎化や高齢化により、森は危機に直面している。今、"森林大国ニッポン"は、再生か否かの分岐点にある。「自然も山村も都市もつながっている」-新たな視点から日本の森を捉えなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の森林の素顔を探る(日本は世界に冠たる森林大国
  • 存在しない「太古からの原生林」 ほか)
  • 第2章 ニッポン林業盛衰記(海外に打って出る日本林業
  • 林業は焼き畑から生まれた! ほか)
  • 第3章 森から見たムラの素顔(山村は、もう一つの日本
  • 木を売らなかった山里の経済 ほか)
  • 第4章 森と林業と山村を考える(人と森がつくる生態系社会
  • 林業は環境を守る最先端ビジネス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森林からのニッポン再生
著作者等 田中 淳夫
書名ヨミ シンリン カラノ ニッポン サイセイ
書名別名 Shinrin karano nippon saisei
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2007.6
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85380-3
NCID BA82159003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21266571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想