プレイセラピー : 関係性の営み

ゲリー・L.ランドレス 著 ; 山中康裕 監訳 ; 角野善宏, 勅使川原学, 國松典子 訳者代表

[目次]

  • 私、ゲリー・ランドレスについて
  • 遊びの意味
  • プレイセラピーの歴史と発展
  • 子どもたちとは
  • 子ども中心プレイセラピー
  • プレイセラピスト
  • プレイルームとプレイ道具
  • プレイセラピーにおける親の役割
  • 関係性の始まり-子どものための時間
  • 促進的な応答とは
  • 治療的な制限設定
  • 典型的な問題とその対応
  • プレイセラピーの諸問題
  • 短期集中プレイセラピー
  • プレイセラピーの中の子どもたち
  • 治療的なプロセスと終結の決定
  • 親子療法-子どもと親の関係性トレーニング(親のためのCPR)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プレイセラピー : 関係性の営み
著作者等 Landreth, Garry L
勅使川原 学
國松 典子
山中 康裕
角野 善宏
ランドレス ゲリー・L.
書名ヨミ プレイ セラピー : カンケイセイ ノ イトナミ
書名別名 Play therapy. (2nd ed.)
出版元 日本評論社
刊行年月 2007.6
ページ数 307p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-535-56222-6
NCID BA82150676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21255009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想