漱石の夏やすみ

高島俊男 著

第一高等中学校時代の夏やすみ、友人たちと房総を旅行した夏目漱石が帰京後、郷里松山で静養する級友正岡子規に宛ててつづった漢文紀行。題して『木屑録』という。「漢文」であるがゆえにあまり知られなかったこの作品の諧謔にみちた味わいを、軽妙自在な名訳であきらかにし、子規との若き日の交友や日本人の「漢文」観にも説きおよぶ興趣つきない一冊。第52回読売文学賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 木屑録訳
  • 漱石と子規
  • 「漢文」について
  • 日本人と文章
  • 木屑録をよむ
  • 木屑録活字版

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石の夏やすみ
著作者等 高島 俊男
書名ヨミ ソウセキ ノ ナツヤスミ
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.6
ページ数 266p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42343-6
NCID BA82111084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21263656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想