生命観の探究 : 重層する危機のなかで

鈴木貞美 著

われわれは「生命」をどのように捉えてきたか。古今東西の哲学・宗教から最先端の分子生物学に至る人類の精神的営為を渉猟しつつ、多様な危機に混迷する現代に新たな生命原理主義を樹立する画期的労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 新たな生命観が問われている
  • 人権思想と進化論受容
  • 生物学の生命観-二〇世紀へ
  • 二〇世紀前半-欧米の生命主義
  • 前近代東アジアの生命観
  • 自然の「生命」、人間の「本能」
  • 生命主義哲学の誕生
  • 大正生命主義-その理念の諸相
  • 大正生命主義の文芸
  • 生命主義の変容
  • 第二次大戦後の生命観
  • 二〇世紀の武道と神秘体験
  • 新しい生命観を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命観の探究 : 重層する危機のなかで
著作者等 鈴木 貞美
書名ヨミ セイメイカン ノ タンキュウ : ジュウソウスル キキ ノ ナカ デ
出版元 作品社
刊行年月 2007.5
ページ数 914p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86182-119-6
NCID BA82088721
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21251288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想