ユダとは誰か : 原始キリスト教と『ユダの福音書』の中のユダ

荒井献 著

イエス物語最大の負の造型に、私たちは何を読み取るべきなのだろうか。最初の福音書記者マルコと古伝承とは、復活のイエスに再会するユダを前提にしていた、すなわちこの「裏切り者」、もっとも穢れた者も救いにあずかることを想定していたのではないか。この仮説の根拠を求めて、四福音書から『ユダの福音書』まで、ユダ像の変容を追う。イエスの十字架によっても救われざる者とは、いったい誰か。私たちの内に棲む「裏切り」を一身に担わされた像の成立には、原始キリスト教のどのような思想的・政治的ダイナミックスが隠されているのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ユダの共観表
  • 1 原始キリスト教とユダ(イスカリオテのユダ-名称の由来とその意味
  • イエスとの再会-マルコ福音書のユダ
  • 銀貨三十枚の値打ち-マタイ福音書のユダ
  • 裏切りと神の計画-ルカ文書のユダ
  • 盗人にして悪魔-ヨハネ福音書のユダ)
  • 2 使徒教父文書・新約聖書外典と『ユダの福音書』のユダ(正統と異端の境-使徒教父文書と新約聖書外典のユダ
  • 十三番目のダイモーン-『ユダの福音書』読解)
  • 3 ユダとは誰か(歴史の中のユダ)
  • ユダの図像学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユダとは誰か : 原始キリスト教と『ユダの福音書』の中のユダ
著作者等 荒井 献
書名ヨミ ユダ トワ ダレ カ : ゲンシ キリストキョウ ト ユダ ノ フクインショ ノ ナカ ノ ユダ
書名別名 Yuda towa dare ka
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.5
ページ数 237, 7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-002358-0
NCID BA8208617X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21251419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想