好きになる生理学 : からだについての身近な疑問

田中越郎 著

コレステロール値が高いと、なぜ健康に悪いのか。自分のにおいは気にならないのに、他人のにおいはなぜ気になる?レントゲンとMRIの違いって?こんな疑問がよくわかる。生活に密着した「生理学の入門書」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人体生理学(体の水分-血液は太古の海水
  • 血球の種類と働き-骨は血液を作っている〜血液1
  • 血液の液体成分-固まった血は再び溶ける〜血液2
  • 免疫のしくみ-自己と非自己 ほか)
  • 第2部 臨床生理学(発生分化と幹細胞-ES細胞はあらゆる細胞に変身できる
  • 遺伝子治療と再生医療-トカゲのしっぽと同じことを人間で
  • 漢方治療-自然治癒力を引き出す治療法
  • 上皮とがん-白血病は白血球癌とはいわない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 好きになる生理学 : からだについての身近な疑問
著作者等 田中 越郎
講談社サイエンティフィク
書名ヨミ スキ ニ ナル セイリガク : カラダ ニ ツイテ ノ ミジカナ ギモン
出版元 講談社
刊行年月 2003.6
版表示 第10刷
ページ数 198p
大きさ 21cm
ISBN 4061534378
NCID BA6240513X
BA82082645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20420390
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想