中世ヨーロッパの社会観

甚野尚志 著

中世ヨーロッパは教皇・皇帝という聖俗権力の下の階層秩序的な社会であった。人体諸器官に喩えれば君主は頭、元老院は心臓、胃と腸は財務官と代官、武装した手は戦士、足は農民と手工業者、そしてそれらは魂であるところの聖職者の支配に服する-ほかに建築・蜜蜂・チェスなどを隠喩として社会の構成と役割を説明する中世人の象徴的思考を分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 隠喩による社会認識
  • 第1章 蜜蜂と人間の社会
  • 第2章 建造物としてのキリスト教社会
  • 第3章 人体としての国家
  • 第4章 チェス盤上の諸身分
  • 終章 コスモスの崩壊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世ヨーロッパの社会観
著作者等 甚野 尚志
書名ヨミ チュウセイ ヨーロッパ ノ シャカイカン
書名別名 隠喩のなかの中世
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2007.6
ページ数 286p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159821-8
NCID BA82080606
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21250354
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想