音楽革命論

玉木宏樹 著

平均律の和音は美しくない。いまだにベートーヴェン?デタラメこの上ない楽典の歴史ドイツ流の偏った日本の音楽教育演奏の途中で迫手して何が悪い!クラシック界の非常識を叩き斬る!新たな音楽の可能性を追求する愉快痛快音楽論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 音楽を難しく考えるのはやめよう
  • 第2章 ドイツ・クラシックの危機
  • 第3章 ドイツは音楽後進国だった
  • 第4章 音階の不思議
  • 第5章 邦楽を聴こう
  • 第6章 「音楽の力」を取り戻す「純正律」の復活

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽革命論
著作者等 玉木 宏樹
書名ヨミ オンガク カクメイ ロン : クラシック ノ カベ オ ブチコワセ
書名別名 クラシックの壁をぶち壊せ!!
出版元 芸術社
刊行年月 2007.4
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88293-317-5
NCID BA8207483X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21227942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想