ハルナックとトレルチ

フリードリッヒ・ヴィルヘルム・グラーフ 著 ; 近藤正臣, 深井智朗 訳

[目次]

  • 第1講 帝政ドイツにおける宗教
  • 第2講 ドイツ帝政内におけるプロテスタント神学
  • 第3講 アドルフ・フォン・ハルナック
  • 第4講 ハルナック神学の今日における意義
  • 第5講 エルンスト・トレルチの神学的プログラム
  • 第6講 歴史の文化科学としての神学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハルナックとトレルチ
著作者等 Graf, Friedrich Wilhelm
深井 智朗
近藤 正臣
グラーフ フリードリッヒ・ヴィルヘルム
書名ヨミ ハルナック ト トレルチ
書名別名 Adolf von Harnack und Ernst Troeltsch

Harunakku to toreruchi
シリーズ名 聖学院大学大学院講義
出版元 聖学院大学出版会
刊行年月 2007.5
ページ数 131p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-915832-73-4
NCID BA82069443
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21249592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想