行列ができる店はどこが違うのか : 飲食店の心理学

大久保一彦 著

味はたいしたことがなくても行列のできる店がある一方で、悪くない料理を出すのに潰れていく店がある。この違いはどこにあるのか?無意識で動く人間の行動と、それを上手く誘導するテクニック。狙うべき相手とそれにあわせた演出の方法。変わり続ける「常識」の中で、自分の強みと「弱み」を生かす戦略…。多くの飲食店を立て直してきた現場感覚に基づくビジネスの極意がここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 行動の9割は無意識(無意識は商品に反映する
  • 見えすぎる部分の怖さ ほか)
  • 第2章 常識は時代の産物(すぐ、からくりがわかることはするな
  • 常識を覆すのは簡単 ほか)
  • 第3章 強みではなく弱みで勝負(井の中の蛙になれる場所
  • 今ないことをバネにする ほか)
  • 第4章 脚本+演出+役者(脚本は何のために書くのか
  • 脚本の流れ ほか)
  • 第5章 ビジネスと人生の設計(関わる人が成長する環境
  • 暇な状況下が売れるか売れないかを決める ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 行列ができる店はどこが違うのか : 飲食店の心理学
著作者等 大久保 一彦
書名ヨミ ギョウレツ ガ デキル ミセ ワ ドコ ガ チガウノカ : インショクテン ノ シンリガク
書名別名 Gyoretsu ga dekiru mise wa doko ga chigaunoka
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.6
ページ数 182p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06370-0
NCID BA82060664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21269288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想