道東の建築探訪

北海道近代建築研究会 編 ; 角幸博 監修

道東の近代化や発展に貢献した多くの建築たちが姿を消してきた。懐かしい建築もあれば、記憶の中から消え去ったものもある。すべてを残すことはできないものの、地域の歴史を伝える建物たちを、どうすれば次世代に継承し、活用していけるのか。一枚の写真を眺めつつ、大切な歴史的資産の今後を考えるきっかけとなる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ピアソン記念館
  • ハッカ記念館
  • 日清製粉北見工場倉庫
  • 野付牛屯田兵屋
  • ハッカ御殿
  • 一区神社拝殿
  • 下野付牛屯田兵屋
  • 留辺蕊町開拓資料館
  • 日本キリスト教会遠軽教会
  • 北海道家庭学校札拝堂〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道東の建築探訪
著作者等 北海道近代建築研究会
原 朋教
小林 孝二
水野 信太郎
池上 重康
石本 正明
西澤 岳夫
角 哲
角 幸博
鈴木 貴仁
駒木 定正
書名ヨミ ドウトウ ノ ケンチク タンボウ
出版元 北海道新聞社
刊行年月 2007.5
ページ数 147p
大きさ 20×20cm
ISBN 978-4-89453-409-4
NCID BA82058469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21239806
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想