ケア現場における心理臨床の質的研究 : 高齢者介護施設利用者の生活適応プロセス : グラウンデッド・セオリー・アプローチ

小倉啓子 著

認知症の高齢者が感じること、考えること、訴えること。その声に耳を傾ける、臨床心理士。高齢者はどのように生活適応し、人生の終焉を迎えるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 特別養護老人ホーム利用者の生活適応プロセスの研究と実践の背景
  • 第2章 特別養護老人ホーム新利用者の生活適応の研究-"つながり"の形成プロセス
  • 第3章 特別養護老人ホーム利用者のホーム生活に対する不安・不満の拡大化プロセス-"個人生活ルーチン"の混乱
  • 第4章 特別養護老人ホーム利用者の長期にわたる生活適応-"助け合って生きる"ことから生まれる"つながり"
  • 第5章 M‐GTAによる分析の体験的プロセス
  • 第6章 ケア現場における生活適応の心理的援助-"つながり"の視点から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケア現場における心理臨床の質的研究 : 高齢者介護施設利用者の生活適応プロセス : グラウンデッド・セオリー・アプローチ
著作者等 小倉 啓子
書名ヨミ ケア ゲンバ ニ オケル シンリ リンショウ ノ シツテキ ケンキュウ : コウレイシャ カイゴ シセツ リヨウシャ ノ セイカツ テキオウ プロセス : グラウンデッド セオリー アプローチ
出版元 弘文堂
刊行年月 2007.5
ページ数 268p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-335-55114-7
NCID BA82054730
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21245507
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想