こんなとき私はどうしてきたか

中井久夫 著

はじめて出会ったとき、暴力をふるわれそうになったとき、退院が近づいてきたとき、著者は患者さんにこんな言葉をかけてきた-本書は、二〇〇五年六月〜〇六年十月まで、兵庫県の有馬病院でおこなわれた「医師・看護師合同研修会」での講義内容をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 こんなとき私はどう言うか(患者さんと出会ったとき
  • 幻聴を四期に分けて考える
  • 幻聴や妄想を実りあるものにするために
  • 「匙を投げない」ことをどう伝えるか)
  • 2 治療的「暴力」抑制論(患者さんを安全に抑える方法
  • "手負い"にしてはならない
  • 患者さんにはどう見え、どう聞こえているか
  • ふっと力が抜けるとき)
  • 3 病棟運営についていくつかのヒント(どんな環境が人を苛立たせるのか
  • 人的環境としての「部屋割り」
  • 病棟スタッフの和をどう支えるか
  • 改革時の病棟マネジメント-私の経験から)
  • 4 「病気の山」を下りる(保護室の内と外
  • 山を下りるということ
  • 回復初期はからだに注目
  • 下山のエネルギーを補給する)
  • 5 回復とは、治療とは…(回復期は疲れる
  • 疲れている患者さんに何を言うか
  • 家族の方に知ってほしいこと
  • 「依存」という切り口から
  • 「回復に耐える」ということ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こんなとき私はどうしてきたか
著作者等 中井 久夫
書名ヨミ コンナ トキ ワタクシ ワ ドウシテキタカ
シリーズ名 シリーズケアをひらく
出版元 医学書院
刊行年月 2007.5
ページ数 233p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-260-00457-2
NCID BA82053680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21268708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想