メディア学の現在

山口功二, 渡辺武達, 岡満男 編

メディアに扱われないものは社会的事実として存在しない。かくも強大になったメディアを私たちの手に取り戻す道筋を鮮やかに提示する15論文。メディア・リテラシーを高め、市民主権のメディア・デモクラシーを確立するための好入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 メディアとは何か(メディア学とは何か
  • 日本のメディア導入とその展開)
  • 2 メディアの現在(新聞
  • 出版
  • 広告
  • 激動期を迎えた放送界-放送と通信の融合
  • ネットワーク社会
  • 大衆文化とマスメディア)
  • 3 メディアと社会(プロパガンダと情報操作
  • 環境問題とメディア
  • メディア・人権・市民参加
  • メディアとジェンダー)
  • 4 メディアの論理(戦後メディアの成立
  • 9・11テロからイラク戦争報道へ-アルジャジーラ一〇年間の戦い
  • メディアの社会的責任)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディア学の現在
著作者等 山口 功二
岡 満男
渡辺 武達
書名ヨミ メディアガク ノ ゲンザイ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2007.6
版表示 新訂.
ページ数 338p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1268-8
NCID BA82002566
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21251943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想