間メディア社会と〈世論〉形成 : TV・ネット・劇場社会

遠藤薫 著

[目次]

  • 間メディア性の展開と変容-インターネットとマスメディアの共進化
  • 第1部 複合メディア環境における"政治"と"世論"(複合メディアに媒介された公共性のポリティクス-情報空間の再編成と公共的イベント
  • TVとネットと世論-小泉劇場の神話構造分析
  • 2004年アメリカ大統領選挙と複合メディア環境-インターネットとアメリカ「世論」)
  • 第2部 分断社会における不安と信頼(日本におけるネットワーク社会の幻滅-alt.elite.digと逆デジタル・デバイド
  • ネットワーク社会におけるリスクと信頼-「安心・安全社会」のために
  • モバイル・コミュニケーションと社会関係-携帯メールとPCインターネットメールの比較を通じて
  • 情報化社会における不安-ネットを媒介とした集団自殺の連鎖を巡って)
  • 第3部 間メディア性と群衆社会の"世論"(屍を踏み越えて零度の地点へ…-ブログはジャーナリズムを変えるのか?
  • グローバリゼーションと"流行"現象-「マイアヒ現象」に見る循環的重層コンフリクトと正統化
  • ネットワークの中の「群集」-遊歩者たちのリアリティはいかに接続するか)
  • インターネットと政治的コミュニケーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 間メディア社会と〈世論〉形成 : TV・ネット・劇場社会
著作者等 遠藤 薫
書名ヨミ カン メディア シャカイ ト セロン ケイセイ : TV ネット ゲキジョウ シャカイ
書名別名 Kan media shakai to seron keisei
出版元 東京電機大学出版局
刊行年月 2007.5
ページ数 252p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-501-62200-8
NCID BA8200020X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21255326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想