芭蕉、蕪村、一茶の世界 : 近世俳諧、俳画の美 : カラー版

雲英末雄 監修

旅こそ人生だと観じ、風雅の誠を求め、野ざらし、笈の小文、奥の細道の旅を経て、俳諧を庶民詩の頂点にまで高めた芭蕉。成熟した京の都で、俳諧と絵画の世界を自在に往き来し、新しい領域を追求した蕪村。信州の農民出身で、人々のくらしや自然、小動物を克明に謳いあげた一茶。三者をたどりながら、俳諧の本質と美にせまる。掲載図版三〇〇点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 俳諧の形象史
  • 第1章 連歌から俳諧へ-芭蕉以前の俳諧
  • 第2章 芭蕉と元禄俳諧
  • 第3章 芭蕉没後-宝永・享保・宝暦
  • 第4章 蕪村と中興諸家-明和・安永・天明
  • 第5章 一茶と化政期諸家-寛政・文化・文政
  • 第6章 幕末から明治へ
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芭蕉、蕪村、一茶の世界 : 近世俳諧、俳画の美 : カラー版
著作者等 雲英 末雄
書名ヨミ バショウ ブソン イッサ ノ セカイ : キンセイ ハイカイ ハイガ ノ ビ : カラーバン
出版元 美術出版社
刊行年月 2007.5
ページ数 176p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-568-40069-4
NCID BA81988873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21318563
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想