ファーブル巡礼

津田正夫 著 ; 奥本大三郎 監修

貧困と不遇に苛まれながらも、学ぶこと知ることへの努力、そして何よりも自然に息づく小さな生命への愛情を惜しまなかったジャン=アンリ・ファーブル。名作『昆虫記』に接し、彼の精神に深く感銘を受け、その足跡を訪ねた著者の南仏紀行記を復刊。原著の愛読者であり、その丹念な調査を賞讃して止まない奥本大三郎氏を監修に迎えて、解説を加えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 揺籃の地
  • 2 学びの跡
  • 3 カルパントラ(一八四二‐一八四八)
  • 4 コルシカ(一八四九‐一八五三)
  • 5 二度目のアヴィニョン(一八五三‐一八七〇)
  • 6 オランジュの貧困時代(一八七〇‐一八七九)
  • 7 セリニャンの隠れ家-アルマス・ド・ファーブル(一八七九‐一九〇七)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ファーブル巡礼
著作者等 奥本 大三郎
津田 正夫
書名ヨミ ファーブル ジュンレイ
書名別名 Faburu junrei
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2007.5
ページ数 298p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603583-8
NCID BA81975736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21247062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想