中・近世移行期大名領国の研究

光成準治 著

[目次]

  • 研究史と課題
  • 第1部 空間構造と地域社会(中・近世移行期の城下町の構造と城下集住-毛利期広島城下町を中心に
  • 有力国人と地域社会-石見益田氏を中心に
  • 毛利氏領国における村落統治と中間層)
  • 第2部 権力構造と領国支配(豊臣期における毛利氏の軍事力編成と国人領主
  • 豊臣期における毛利氏検地の進展と領国支配
  • 毛利氏行政機構の進展と給人統制
  • 毛利秀元処遇・小早川隆景遺領問題と領国支配)
  • 結論と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中・近世移行期大名領国の研究
著作者等 光成 準治
書名ヨミ チュウ キンセイ イコウキ ダイミョウ リョウゴク ノ ケンキュウ
シリーズ名 歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 2007.5
ページ数 402p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7517-3860-3
NCID BA81952989
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21254814
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想