内閣制度

山口二郎 著

[目次]

  • 序章 内閣制度を論じることの意義
  • 1章 内閣制度とは何か(内閣制度の発展と定着-イギリスを中心として
  • 民主主義と議院内閣制
  • 議院内閣制の二つのモデル)
  • 2章 日本の内閣制度はどのように展開してきたか(明治憲法体制と内閣
  • 戦後憲法体制における内閣
  • 五五年体制における内閣)
  • 3章 内閣制度はどのように論じられてきたか(議院内閣制に関する改革の論理と試行
  • 首相公選論
  • 憲法学における内閣論の変化
  • 政治学、行政学と内閣論)
  • 4章 政治変動の中で内閣はどのように変容したか(一九九〇年代の改革と統治機構の再検討
  • 橋本行革と内閣制度改革
  • 二一世紀日本の内閣統治)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内閣制度
著作者等 山口 二郎
書名ヨミ ナイカク セイド
シリーズ名 行政学叢書 6
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2007.5
ページ数 236, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-13-034236-0
NCID BA81951137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21275908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想